大切なのはファンデやカラーを染み込ませない肌作り。

こちらの記事は、大事なので定期アップしています。

*********

【肌質向上美学】
世古口ちえです。

スキンケアで推奨している方法は、

洗い過ぎないこと、
クレンジング洗浄だけだったり、
べとべと強保湿クリームだったりと、
「守る事」にフォーカスしていますが、これには目的があります。

徹底的に肌を守り、
肌自体が肌理や表面を整えて、

ファンデーションや
カラー材(チークやコントロールカラー)などを、
染み込ませないお肌を作ります。

↑これ、とっても重要です。


最近多く出ている人気のコスメ、

ファンデがしっとりして乾かないタイプも、良いのですが、

それを、、、
お肌にしみこませる前に、
自肌のうるおいだけで、
まず満たしておこう。

そうすると、
カラー材に負けにくい
シミを作りにくいお肌になれます。

くすみにくいお肌になれます。

そして、

メイク材が
「落ちやすい肌」
にもなるので、

とっても得です。

今は、
メイク品(色付き)が、
しっとりとしたツヤ感ありの
ものが多く出てます。

でも、
そのファンデや
カラー材のしっとり感で、
肌を潤わせないでくださいね。

あくまで、
自肌のスキンケアで、
潤わせてください。

メイクはそれからのお話。

潤い肌へコントロールカラー、
ベースを使い、
賢くメイクを楽しむのがコツです。

私自身は、
赤色の色素チークに
少し弱いため、

頬の肌を特に強化するように
努力しております。

私自身も、
随分と頬が丈夫になってきました。

チークも、ラメも楽しめる素肌へ。

あなたのスキンケアはいかがですか?

【肌質向上美学】
世古口知永

https://enhance-therapy.com/