夏の敏感肌のスキンケア注意点について

 

 

もともと花粉症・温度差アレルギーがある私自身、

敏感肌のため「肌」に直接トラブルが出ることが続き、

薬・ステロイド・ステロイド無し保湿剤・内服・などを経て、

本当の「自分の肌の健康力」を見つめてきた一人です。

 

 

エンハンスセラピーコスメティクスでは、

エンハンスセラピーフェイシャル「バリアージュ」がご用意してあります。

肌に充分な潤いを与えながらも、リンパドレナージュによりお肌の流れを整えます。

 

長年の敏感肌は、お肌のバリア機能が弱まっていますから、

一度で、なおすというものではなく、

段階的に、肌にうるおいを与え、適度に代謝を上げて改善・肌質を強めて向上していくことが大切です。

 

初めてのフェイシャルの方、

敏感肌にあわせたエイジングケアエステを続けたい方は、

初回、2回目、3回目と

まずはエステティックケアで、お肌を慣らし、徐々に強めていきましょう。

 

 

だいたい4か月が1クールとなり、お肌の「ふっくら感」「肌の厚みや弾力」が変化してくる方が多いのが特徴です。

エンハンスセラピーコスメティクスのフェイシャルは、無理なケミカルピーリングやハーブが強いものは使用しておりません。

「天然クレイ」や「発酵エキス」「セラミド」等のこだわりの素材を元に、フェイシャルエステケアと組み合わせて行います。

 

また、施術後~5日は、一番お肌が新しく元気になろうと「新陳代謝」が自然と高まります。

それは、美肌を促すためにとっても嬉しいことです。

が、ひとつここで注意点は、

 

この代謝が高まる5日ほどの期間は、

お肌もそれに合わせて、通常よりもたっぷりの「水分(潤い分)」を欲します。

なので、保湿はいつもより多く、肌を守るようにたっぷりつけるのが理想的です。

 

 

間違っても、お風呂温度のお湯で、顔を洗ったり、シャワーを顔へ当ててしまったりしないように注意してくださいね。

お肌が欲する「水分」は、身体へも十分補給してあげてください。

デリケート肌の方は、特に気を付けてくださいね。

 

つらい春の花粉や埃の時期を過ぎたら、

5月くらいから紫外線もグンと高まり、

すぐに夏がきます。

 

夏は、汗をかくのと紫外線で本当に薄い肌・敏感肌には、ダイレクトにダメージが届きやすいので辛いですね。

私自身も、自分の汗で、かゆくなったり、、赤くなったりもしておりました。

 

夏の注意点としては、

UV対策が第一で、その方法は、もちろん、帽子・日傘なども大事です。

そして、UVスキンケア品を丁寧につける事や、

ファンデやパウダーで、なるべく紫外線を肌にダイレクトに与えないようにガードする事が大切です。

 

ファンデやパウダーも、お肌に合うものさえ見つかれば、

肌をガードしてくれるアイテムです。

是非、キレイとガードを同時にしてみてくださいね。

 

エンハンスセラピーフェイシャルでは、

お肌に合ったファンデーション(各種)メイクアップも、

「紫外線から肌を守るスキンケアメイク」として推奨しています。

 

*エンハンスセラピーでは、メイク品はまだございませんが、どうぞ皆様の肌に合うメイク品が見つかりますように**

スキンケアの塗り方、フェイシャルエステのご相談はm直営店・またはライセンスサロンで受け付けておりますので、お問い合わせ下さい。

世古口