フェイシャルにカウンセリングが大切な理由。肌は「音」を聞く?自分に魔法の言葉をかける。

 

化粧品さえ買えば・フェイシャル実技さえ、できれば満足。ではなく、

お肌のアドバイスをする、フェイシャルをするならば「カウンセリング」が重要です。

ここでいうカウンセリングとは、よく使われる「クロージング」(サロン営業上の数字)のことではありません。

【肌質向上美学】のカウンセリングは、「肌に音」を伝え覚えさせるもの。

肌を「音声」で育てるもの。

言葉、心地よい音、五感、音を感じるモノ。

これが肌質向上美学のスキンケアカウンセリングです。フェイシャルカウンセリングです。

関連する記事をブログでも書いております。

以下、参考に。

***

 

【肌は「音」を聞く?自分に魔法の言葉をかける。】

自分に、是非、魔法の言葉をかけてください。

特に、お肌を「タッチする」時。

「お、ふわっふわなお肌、キレイね」

「うん♡つやつや!!くすみもなくて最高の顔!」

「最近は、プツプツの吹き出物がめっきり減ったわ。快調ね!」

といった具合に、

魔法は魔法でも、結構具体的。
「美しい~」っていうのだけでは、足りません。

自分のどこがどう、よろしくなったのか自分に聞かせてあげるのです。
ポイントをみつけるのです。

肌は聞いてます。記憶しますよ。

ののしられれば、そのように。元気なくくすみます。

勇気づけ美しさをみつければ、美しさが増すのです。
肌はよろこびます。

フェイシャルエステティックを通してみたら、そうなのです。お肌の様子が伝わるのです。
理由は私はわかりませんが、そう感じてフェイシャル業を続けてきました。

お肌も「音」を聞いています。

だから、

言葉、

そして音楽、

ステキな響きのあるもの、

を周りへ置いてください。

【肌質向上美学】

どうぞ、今夜、そして明日の朝一、自分の顔に魔法の言葉をかけてあげてください。

続けてみて、キレイになっていくでしょう。

50代に入ったからこそ、より丁寧になった気がしているこの頃。

スキンケアを学ぶ・フェイシャルエステティック特化で学ぶ
【肌質向上美学】  
問い合わせ先 http://carafe.jp/contact/