エステティシャンはまず「自分」を第一に見て。

エステティシャンは、技術を覚えたらここからがスタートと思うけど、

必死に、お客さんや、学校ならモデルさんをみつめるけど、、

そうではないですよ。


まず

「自分自身のセルフケア」を自覚すること。

これがスタートの第一歩。

 

たいがい、「自分」はやってません、できてません、、。という方が多い。

どんなに美容学校を卒業しても。

 

 

 

そもそものスキンケアのあり方、セルフケアの意味合い、自分自身の感情や意思を「自覚する」ことから。

これがないと、サロン現場で自分を生かしきれません。

 

 

せっかくの美容の勉強を

目の前のお客様のために生かそうね。

そのためには、まず「自分のために」自分を生かしてください。

 

自分のことをすっ飛ばさないように。

イメージングで広がりをもたせたら、どんなスキンケアアドバイスもカウンセリングもできるようになります。

 

技術のその先、人に寄り添い話のやり取りができること。

 

これが一番のお客様への貢献です。

そしてサロン貢献・社会貢献となります。

やりがいです。

 

全てのエステティシャンに伝えたいです。

 

自分のことも、楽しんで育ててくださいね!


【肌質向上美学】 

カラフェ 世古口知永